信国重包 | 刀剣 | 買取作家・取扱い品目 | 福岡の絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目刀剣

信国重包

NOW PRINTING

信国重包(のぶくに しげかね、生年不詳 – 享保13年12月10日(1729年1月9日))は、筑前信国派中で最も著名な江戸時代の刀工。字:助左衛門、助六。銘:重包、正包、原田。戒名:撥塵如釼居士

十四代信国助左衛門吉包(信国吉包)の子。享保6年(1721年)正月、将軍徳川吉宗は江戸「浜御殿」で鍛刀競技を開催した(277名)。
重包は「若狭正宗」、「不動国行」写しを鍛刀し4名の名人に選ばれ「葵一葉」を中心(なかご)に刻む事を許された(他の3人は、薩摩の一平安代、主水正正清、南紀重国)。


信国重包の高価買取なら
豊後にお任せください!

刀剣:「な行」 の
買取作家・取扱い一覧

刀剣:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目