絵画 インテリアアート | 買取品目 | 絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目絵画 インテリアアート

豊後では絵画 インテリアアートを高価買取しています。
出張費用・査定費用は無料です。
ぜひ一度ご相談下さい。

買い取り対象商品

買取経験豊富なスタッフが丁寧に査定いたします。
その他の商品も幅広く取り扱っております。

高価買取のポイント

インテリアアートでは、アクリル画、油彩画、水彩画、水墨画、シルクスクリーン、リトグラフ、ミックスドメディア、ジグレなど様々な作品をお買取りしております。
また現代アート(コンテンポラリーアート)と称される絵画は世界的に注目され、有名オークションでもの凄い価格で取引されています。日本の作家では、草間彌生、奈良美智、村上隆、六角彩子らが有名です。
インテリアアートだけを見ると、ラッセンやヒロ・ヤマガタ、カトラン、ブラジリエなどが人気です。

高価買取ポイントはいくつかありますが、版画は一度に複数の作品を制作できるので限定部数が少ない物が稀少性が高く人気があります。

そして作家による直筆サインがあるかどうかも重要です。インテリアアートは特に飾って楽しまれる方が多いので、紫外線に長く当たって、退色や変色がよく見られます。逆に様々な作家さんの作品を所有している方は、タトウ箱に入れたまま、湿気が多い場所に放置している場合が多く、シミやカビが出ていて、せっかくの作品の価値が半分以下になってしまいます。
美しいインテリアアートは額縁やガラス(アクリル)の状態も査定ポイントとなりますので、お運びの際や保管の際にはくれぐれもお気を付け下さい。

お問い合わせ・
無料査定はこちら

美術品、絵画、骨董品、茶道具、刀剣、
武具・甲冑など様々な品目に対応しております。
お気軽にお問い合わせください。

LINEでのご相談方法
弊社LINEアカウントを友達に追加後、トーク画面よりお問い合わせください。

高価買取だけではありません 豊後が選ばれる理由

  1. 01

    丁寧なご説明と仕分け

    丁寧なご説明と仕分け

    ただお品物を買い取るのではなく、お客様のご質問に丁寧に答える事を大事にしています。またざっくりとした計算ではなく一点一点丁寧に査定を取らせていただきます。

  2. 02

    幅広い取り扱い

    幅広い取り扱い

    絵画、掛け軸、骨董品、茶道具、酒器、刀剣、中国陶磁・仏教美術・古書など豊後では様々なお品物に精通した経験豊富な鑑定人が、しっかちと査定致します。

  3. 03

    臨機応変に対応

    臨機応変に対応

    査定する事だけがお仕事ではありません。遺品整理、生前生理、美術品の査定書の作成、オークションの出品代行などお客様のご要望に応じて臨機応変に対応致します。

絵画 インテリアアートの
取扱作家

買取作家・取扱いの一例です。
その他の作家も豊富にお取扱いしておりますので、
以下のボタンより詳しい買取作家・取扱いを
ご覧ください。

絵画 インテリアアートの買取について

インテリアアートについて

インテリアアートは、居住用の部屋や店舗、オフィス内などの室内を装飾するために用いられる絵画の総称で、歴史的な伝統の中に自然と共に生きていこうとする素朴な人間の魂を感じさせる作品が多いです。
自然の美しさや動物の命などをわかりやすく表現しており、アートを気軽に楽しんでいただくための入り口として一般的な家庭に飾られています。
「インテリアアート」という言葉は最近になって生まれた造語であり、日本画や現代アートなどのジャンルに属さない比較的新しい作家により制作されたジャンルと言えます。
作風としては、鮮やかな色彩で都会的で洗練されたグラフィック・デザインに非常に似ており、種類としては、アクリル画・油彩画・水彩画・水墨画などがあり、版画の技法として、シルクスクリーン・リトグラフ・ミックスドメディア・ジグレなどがあります。
また、インテリアアートが広まった理由の一つとして、それらの作家のシルクスクリーンやリトグラフなどの版画が、デパートや催事場での展示即売会などを通して、美術愛好家ではない一般の消費者に数多く販売されたということもあると考えられています。

現代アートについて

コンテンポラリーアートとも呼ばれ、20世紀後半の第二次世界大戦後の1950年以降から今日までの美術を指します。
現代アートでは、富裕層や会社組織がパトロンとなって値段を上げる傾向にありますが、鑑賞者と作者との対話によってその価値が高められるとも考えられています。現代美術家たちは世界的にお互い関連した状況で、文化的には異なった環境で、しかも技術的には先進的な世界で作品を作っています。
最近ではバスキアの作品「無題」が約123億円で落札され話題になりましたが、絵画ではありませんが、村上隆さんの「マイロンサムカウボーイ」というフィギュアが約17億円で売れたり、草間彌生さんの作品がアジアを中心として高い人気を誇っており、ここ数年は10億円近くで複数の作品が売れるなど現代アートの作品も大きく上昇しています。