多々良長幸 | 刀剣 | 買取作家・取扱い品目 | 福岡の絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目刀剣

多々良長幸

NOW PRINTING

多々良 長幸(たたら ながゆき)は、江戸時代の摂津国の刀工。俗名は多々良四郎兵衛。紀州石堂の河内守康永の門弟となり、天和元年(1681年)に大坂に移住し、大坂石堂を起こしました。大坂新刀の代表的刀工の一人であり、石堂派でも抜きん出た名人で、新刀備前伝の第一人者とされています。また作品は多くはありませんが、中でも刀や脇差が多く、その他の作品は少なくなっています。
新刀上々作にして最上大業物。備前一文字の作を思わせる大丁子乱を得意としており、また、互の目刃の作や互の目丁子を焼いた末備前風のものもあります。


多々良長幸の高価買取なら
豊後にお任せください!

刀剣:「た行」 の
買取作家・取扱い一覧

刀剣:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目