中原悌二郎 | 彫刻・ガラス工芸 | 買取作家・取扱い品目 | 福岡の絵画・美術品高価買取なら美術品店「豊後」

無料鑑定・無料出張買取 0120-367-222 受付時間:9:00〜18:00

買取品目彫刻・ガラス工芸

中原悌二郎

NOW PRINTING
1888年
北海道釧路市に生まれる。
1897年
母とともに旭川市に移り、母方の叔父の養子となる。
1902年
忠別尋常高等小学校高等科(現・旭川市立日章小学校)を卒業し北海道庁立札幌中学校(現・北海道札幌南高等学校)に入学する。
1905年
医師を目指していたが、美術教師の林竹治郎に影響を受けて17歳の時に画家を志し、3年生のとき落第したのを機に札幌中を中退して上京、白馬会研究所・太平洋画会研究所洋画部で学び中村彝と親交を結ぶ。その後荻原碌山の感化によって彫刻に転じ、太平洋画会研究所彫塑部で新海竹太郎に師事。
1910年
第4回文展に「老人の首」が初入選した。
1912年
当時日本でもまだその名が知られ始めたばかりだったロダンの実作に初めて触れて、深く啓発される。
1916年
日本美術院の研究会員に転じ、佐藤朝山・石井鶴三らとともに研鑽を重ねた。同年の第3回院展に発表した「石井氏の像」で樗牛賞を受けて院友となり、以後も同展に「行乞老人像」「若きカフカス人」「憩える女」などの作品を次々と発表する。その作風は写実に基づきながらも堅牢な構築性を示し、内面表現にも優れた。
1919年
「平櫛田中像」を遺作として32歳で没した。

中原悌二郎の高価買取なら
豊後にお任せください!

彫刻・ガラス工芸:「な行」 の
買取作家・取扱い一覧

彫刻・ガラス工芸:その他の
買取作家・取扱い

その他の買取品目